FC2ブログ
20年目の感謝
2013/10/30(Wed)
結婚20年目

スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | ▲ top
日曜日は園芸作業
2013/10/27(Sun)
庭に植木が枯れかけてきたので、昨日からホームセンター巡り。
ブロックもちょっと高かったけど、いい感じになりました。
寄せ植も相性なんて考えず適当に(笑)


ローズマリーも!!
20131027_02.jpg
この記事のURL | 草・花 | CM(0) | ▲ top
紅葉前の雷山千如寺大悲王院
2013/10/26(Sat)
雷山千如寺大悲王院 -福岡県糸島市-

雷山千如寺の境内にある樹齢約400年の大楓(大カエデ)の紅葉はとても有名で
紅葉する時期には車の行列ができます。
昨年は、ちょうど色付いた時期に来ています。そのときの記事は、コチラ

まだまだ、緑がきれいな木で、静かな山寺でのんびりできました。
あと半月もしたら、別の顔を見せるんでしょうね。



20131026_05.jpg

20131026_06.jpg

20131026_03.jpg

この記事のURL | 福岡西部(前原・糸島方面) | CM(0) | ▲ top
長者原 -大分県-
2013/10/24(Thu)
長者原 -大分県玖珠郡九重町-

阿蘇九重周辺もすっかり秋らしくなりました。
ススキが風に揺れています。
本当はタデ原湿原に寄ってゆっくりしたかったのですが
時間がなく、ここで写真を撮っただけとなりました。




このアングル、たくさんの人が写真掲載していますね。
20131014_s53_04.jpg

20131014_s52_03.jpg
この記事のURL | 大分県 | ▲ top
2013/10/21(Mon)
今年もどんぐり拾ってきて描いてみました。
近所の街路樹は「コナラ」で細く小さいので、
ちょっと遠い場所まで行って「マテバシイ」の実を拾ってきました。
あと枯れ葉も。




20131020_03.jpg
この記事のURL | その他 | ▲ top
羅漢寺 -大分県中津市-
2013/10/19(Sat)
岩窟の古刹 「羅漢寺」(大分県耶馬渓)

大分県中津市にある羅漢寺は、日本三大五百羅漢の一つであり
3770体もの石仏で有名な曹洞宗の寺院です。
付近は、青の洞門で有名な耶馬溪です。

羅漢寺の歴史は古く、今から約1300年前の大化元年(645年)に
インドから来た法道仙人が 開いたとされる由緒ある古いお寺(古刹:こさつ)で
羅漢山の中腹の岩肌にしがみつくように立っています。

羅漢寺と言われるように、洞窟の境内には、多くの羅漢像があります。
五百羅漢(ごひゃくらかん:500体以上の羅漢像)の石仏が並んでいます。

-------

耶馬溪周辺、青の洞門(記事)近くを走っていると、周囲の山にはたくさんの奇岩が見られます。
そんな中、山肌が切り開かれた中に何か建てられたような異様な雰囲気の山が見えてきます。


もう少し近づいて見ると、お堂が見えてきました。
しかし、これは羅漢寺ではありません。
20131014_32.jpg


最初の写真の右側に見えるのが羅漢寺です。
よく見ると、山に登るリフトもあります。
リフトは、山の中腹に駅があり、そこから右側にある羅漢寺へ行けます。
さらに山の頂上まで行けるようですね。
20131014_33a.jpg




リフトの中間駅で降りて、羅漢寺を目指します。
まず現れたのが、岩をくり抜いた道。崖の上なので、周りは険しいです。
20131014_35.jpg

この岩を潜り抜けると、さっそく石仏の堂が見えてきます。
20131014_36.jpg

千体地蔵が見えてきました。
20131014_37.jpg

20131014_38.jpg

納められている石仏の数は、千百体以上とのこと。
20131014_39.jpg

20131014_41b.jpg




千体地蔵からは、羅漢寺の入り口である山門が見えます。
20131014_40.jpg

山の岩にはめこむように造られた山門です。
20131014_41a.jpg




山門(羅漢寺の入り口)をくぐると無漏窟(むろくつ)があります。
無漏窟とは煩悩がない境地の大きな岩屋で、この中に、五百羅漢が安置されています
20131014_42.jpg

20131014_44.jpg

延文四年(1359年)逆流建順(ぎゃくりゅうけんじゅん)という偉僧が、
昭覚禅師(しょうかくぜんじ)とともに、わずか1年で700余体の石像物を建造しました。
20131014_45.jpg

怒った顔、笑った顔、困った顔などさまざまな顔をしています
20131014_46.jpg




五百羅漢の横から奥にあがったところに羅漢寺の本堂があります。
20131014_43.jpg

この本堂も、岩の中に建てられています。
20131014_47.jpg




下りは歩いて降りますが、途中に、仁王門があります。
室町時代に建立され、門の天井には当時の将軍、足利義満より送られた
「羅漢護国禅寺」の表札があります。
20131014_49.jpg




この山の中腹、山肌を切り開いた中に、よくこれほどの石仏と建物を作ったものだと
感心させられますね。
久しぶりに、すばらしいものを見せていただきました。
この記事のURL | 大分県 | ▲ top
龍岩寺 -大分県宇佐市院内町-
2013/10/17(Thu)
龍岩寺 -大分県宇佐市院内町-

龍岩寺は奈良時代の天平18年(746)に建立したといわれ
現在は重要文化財に指定されています。
道路から階段を少し登った所に龍岩寺の本堂があり、参拝料200円を払います。
さらに、300mほど(?)登った先に龍岩寺奥院礼堂があり、
お堂の中には三体の仏像(不動明王座像、阿弥陀如来座像、薬師如来座像)。

道路沿いから、龍岩寺の参堂入り口です。
この入り口の少し先に駐車場がありますが
別のお寺もあり、ちょっとわかり辛いです。
この階段を登った先に、本堂があり参拝料を支払います。


本堂からさらに登って行きますが、かなり急な階段になっています。
20131014_s12_62.jpg

途中の崖の上にも、何か祭られています。
20131014_s13_63.jpg

岩をくりぬいた道。
20131014_s14_64.jpg

振り返ると、私一人、山の中にポツンと立っているのを実感できます。
20131014_s16_66.jpg

やっと見えてきました。
20131014_s15_65.jpg


板を敷いた道を渡れば到着です。
20131014_s17_68.jpg

20131014_s18_67.jpg

岩をくり抜いたような場所に、立てられていました。
20131014_s19_69.jpg

もともとは、左下に写っている板を登ってくるのでしょうけど
危険すぎて、別の道が作られているそうです。
20131014_s20_70.jpg

中に入ってみましたが、超広角レンズでやっと全体像が撮れました。
20131014_s21_71.jpg

三体の仏像、デカスギ…
20131014_s22_72.jpg

20131014_s23_74.jpg

20131014_s24_73.jpg


ほんとに三体の仏像と、この岩をくり抜いた場所に立てられた奥院礼堂はすごいですね。
しかし、この近くにある羅漢寺と比べると、そのスケールは違うかな、と思いました。
この記事のURL | 大分県 | ▲ top
耶馬溪・宇土の庄
2013/10/16(Wed)
大分県の耶馬溪といえば、紅葉の時期は大渋滞します。
紅葉にはまだちょっと早いですが、それでも耶馬溪の風景はすばらしいものがありますね。

高速の玖珠ICから、387号を北上します。
次第に奇岩が立ち並ぶ山を見ながら走ることができます。
途中、道路沿いにある駐車場で写真を撮りました。



さらに走ると、「七福温泉 宇土の庄」というのぼりが立っているので、
そこから細い道を下っていくと広い駐車場に出ます。
ここはキャンプ場などもあり、奇岩を見るにはベストです。
20131014_s02_56.jpg

「鬼のすり臼」
デカイ岩、岩が岩の上に乗っかっています。よく落ちませんね。
落ちない、ということで、合格祈願に来る人もいるそうです。
20131014_s03_57.jpg


「拝み岩」 ん…
20131014_s04_58.jpg


387号に戻り、さらに走っていると、こんな風景に出会います。
本線は、下の道ですが、1本上の道に入っています。
20131014_s05_53.jpg


そして、ここには、こんな案内板。
20131014_s06_52.jpg


南米ペルーにある世界遺産、マチュピチュの風景にそっくりだということ。
どうでしょうか?
20131014_s07_51.jpg
ちょっと無理があるような気もします。
それでも、ここで写真を撮っていたら、車(2人)、車(5人)、バイク(2台)、バイク(2台)と
ひっきりなしに、止まる人達がいました。

バイク乗りの方にお願いしてシャッターを押してもらいました。
20131014_s08_01.jpg
この記事のURL | 大分県 | ▲ top
半月
2013/10/12(Sat)
20131012_tuki1.jpg
この記事のURL | 星・月 | ▲ top
キャンドル☆ナイト
2013/10/12(Sat)
小学校の創立140 周年記念事業キャンドル☆ナイト
校舎3階の音楽室から撮ってます。



20131012_04.jpg
この記事のURL | 福岡市西区 | ▲ top
サザエさん通り
2013/10/09(Wed)
「サザエさん通り」

西新から百道浜地区を結ぶ約1.6kmの市道で、2012年5月に命名されました。
長谷川町子さんが、サザエさんの構想を練ったのが百道の海岸だったそうです。
「サザエさん通り」の名称は、東京都世田谷区桜新町に次いで全国で2か所目。



20131006_03.jpg

20131006_04.jpg



10体のアジアの神様たちは、もう何度かUPしていますね。
1985年に開催された「よかとぴあ」の置き土産。

20131006_06.jpg

20131006_07.jpg


20131006_08.jpg

20131006_09.jpg

今回の写真は、コンデジ(GRD-Ⅲ)にクロススクリーンを付けて撮ってます。

この記事のURL | 福岡市早良区(百道) | ▲ top
遅咲きの彼岸花
2013/10/08(Tue)
10月に入って最初の日曜日。
もう彼岸花も終わりだと思っていましたが
家の前の畑に、白、ピンク?の彼岸花が咲いていました。


20131005_02.jpg

20131005_03.jpg

20131005_04.jpg

畑には柵があったので、道路脇から300mm望遠で撮りました。
傘さしながら(笑)




今年も、緑のカーテンはゴーヤと風船かずら。
風船かずらは、植えたのではなく勝手に育ちました。

20131005_06.jpg

20131005_05.jpg
この記事のURL | 草・花 | ▲ top
| メイン |